読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅうの日記

小事務所所属2年目下積み女優が果たしてどこまで芸能界の階段を昇れるか。芸能情報少なめ。

女の瀬戸際に立つ

いやー5月って本当にいい季節ですよね。

年中この気候だったら人間バカになってしまいますね。完全に働きませんね。

 

f:id:xiumeisui:20170521203916j:image

宝石箱やあー♡♡♡

こんなステキな箱トマトにテンションMAXです。

 

気分の良くなった修みほ。

発泡酒を飲みながら音楽かけて料理をしてる時は最高に幸せです。

 

気分よく踊っています。

 

ところで。

女も1人で生きていると出来ることが増えていきます。

今季初登場のゴキブリくらい余裕で撃退します。

水口のヌメリくらい素手で洗い落とします。

そんな事で動揺してしまう柔な時代はとうに過ぎた。戦闘だ。生きるとこは戦うことだ。

 

クッキング中流す音楽はまったりレゲエか、まったりR&Bか、ボサノヴァです。

 

皆さま、ステキな休日を過ごされましたでしょうか。

チャージして新たな1週間も飛ばしていきましょうや。

根津から銀座シックスまで歩いた

おはよーーう

 

最近、台東区の素敵さを再認識しておりますシュウミホ(職業:ギリギリ女優) です。

 

というわけで千代田線根津駅でおりてみました。

 

歩いていたら脇道に吸い寄せられまして…根津神社発見。やっぱり緑と土の場所は涼しくて気持ちいいんだな(^^)

 

御稲荷さんの鳥居にちょっと感激。

f:id:xiumeisui:20170508173027j:image

まだまだ奥まで続いてます。

 

f:id:xiumeisui:20170508173515j:image

今日はここに『ハトムギきなこ』買いに来たんやで。

美肌といえばハトムギハトムギといえば美肌。

 

 

まさかの明日入荷だって。

 

もうネットで買ってやるから。

 

からのGSIXまで歩いてきました。というとりとめもないお話でした。

 f:id:xiumeisui:20170508183137j:image

 草間彌生なの??

 ちびっ子が「カボチャ カボチャー」いうてた。え、これキノピオの頭じゃないの?

 

高級すぎてトイレと蔦屋書店しか入れませんでした。

 

好きなお洋服を好きなだけ買いたいなとは思うけど、高級品を買うことが目的じゃないみたいです。私のしあわせは。

女優の仕事でそこまで稼げるようになって 好きなお洋服を好きなだけ買えるようにがんばんなきゃ。

 

道行く美人さんたちに心を折られましたが…m(_ _)m

 

 

最後にだいじな事がひとつ…

根津は文京区でした。

 

上野周辺が素敵ってことよ。 

 

 

急な暑さに 体調など崩されませんよう。

日本全国のがんばるお母さんに感謝をこめたブログ

あれトラジってこんなに高級だったっけ?っていうくらい久しぶりの焼肉あざますっ!!!

f:id:xiumeisui:20170425151355j:image

 

お酒を飲んだ翌朝のお味噌汁は最高です。

五臓六腑に染み渡ります。

 

毎朝 ご飯とお味噌汁を欠かさず用意してくれていたという友達のお母さんがいた。ヤンキーっていうか…ギャルっていうかまぁ茨城県はたいがいそんな10代を送ります。

 

主婦業って誰にも評価されない。

 

誰の金で生活出来てると思ってるんだ!なんて処刑もののセリフまで浸透しちゃうくらい。

誰のおかげで自由に仕事できてると思ってるんだ!と言い返してください。

 

『私は私らしい人生を自由に生きるの』

この私自身も含めそんな生き方より毎朝味噌汁作る人生の方がよっぽどカッコイイと思う。

 

あら。。。これって日本人的自己犠牲の精神でしょうか。。。

 

そんな母親の愛情にまず旦那さんがありがとうと言ってあげて欲しいわね。

 

言わないだけで感謝してる?

 

 

言って。

 

 

お味噌汁食べながらそんな昔の事思い出しちゃいました(^^)

 

さてーシャワー浴びて夜はレッスンなのだー。現場での失態をプラスに変えねばなりません。

 

皆さんお忘れかもしれませんが、売れないアラサー女優がどこまで芸能界の階段を登れるか、がメインテーマでございます。

 

死ぬ気で挽回してきます。

 

読んでくれてありがとーう♡

谷中さんぽ

趣味は散歩

 

というわけで今日は『谷中』

 

f:id:xiumeisui:20170419053232j:image

 

です!!

 

谷中めっちゃくちゃステキ。

 

ノスタルジックなとっても美しい街。

 

お寺がこんなに沢山あるのね~

時代を感じさせる和風の町並みと現代風のモダン建築が並ぶなんとも私好みな街・谷中。

 

 

高台にあるせいか余計な建物が見えないというナイスな立地。

 

 

ガイドブックに紹介されているようで、海外からの観光客が沢山いることにも驚き~~

 

観光客に道を聞かれて初めて存在を知った「谷中マーケット」。

 

↓↓谷中ウィークエンドマーケット↓↓

http://yanaka387.sakura.ne.jp

f:id:xiumeisui:20170418231449j:image

マフラーとか。。

f:id:xiumeisui:20170418231501j:image

レイングッズとか。。

 

っていうか、ウィークエンドってくらいだから今日休みなんじゃ……

もしかして私が間違えているのか?

 

日本のものづくり品質は世界一ですもの。

文房具もお土産に人気らしいですね。

 

絶対美味しいでしょー!という店構えのレストランが色々ありましたよん♡

日暮里駅からも歩いてすぐ。

 

谷中の路地裏に癒されに行かれてみては?(^^)

 

からの、稽古でーした。

皆さんも今日も1日お疲れ様でした。

拝啓おかあさま

どうやっても上手くいかないのに、どうしても切り離せないのが親子というものなのでしょうか(イヤダイヤダ)

 

それでも離れていると嫌な部分は薄れていくものでふと思い出すのよね。

出先で見つけてママンに買った靴下を送れないまま2ヶ月。

いや、もぅ自分で履いちゃうかと思いつつもこの柄は私の趣味じゃない。

 

うちはどこにでもあるごくごく普通のサラリーマン家庭です。

父も母も兄弟3人育てるのにそりゃもうがんばってくれました。

 

はぁ。。

靴下どーすっかな。

 

2017年4月吉日

敬具

 

今年の宣材は白ブラウスになりそうですよん。

f:id:xiumeisui:20170411024447j:image

好きな映画を書いてみた

こんばんは、お疲れ様です、おはようございます。

 

あれ??牛肉落とした(焦)

元来た道を探しに戻っても見つからない…

 

と思ったら傘の中にありました。

そんな新年度です。

 f:id:xiumeisui:20170402055003j:image

 

入学、進級、新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい1年、 輝かしい未来が開けますように(^^)

 

前回のブログで途中になってしまった

映画『マグノリア』1999年

監督・脚本 ポール・トーマス・アンダーソン

 

めっちゃ面白いじゃない。

 

まだまだ面白い映画はたくさんあるんだなぁ。

好きな映画の一本に入っちゃいました。

 

私の誰得ブログは〝美しくもくだらない〟をモットーにしているので映画の話とかしちゃうとまじめかってなってしまうじゃん?まぁ、今回だけ。

 

ティファニーで朝食を』1961年

主演:オードリー・ヘップバーン

 

知らない人はいないでしょう映画をあげてごめんなさい。

子供の頃に初めて観た時から 今の私に多大な影響を及ぼしているマイバイブル。

好みから 生き方まで この映画がちびっ子みほに与えた影響は凄まじい。

 

好きな映画:ティファニーで朝食を

好きな女優:オードリーヘップバーン

好きな音楽:ムーンリバー

 

…というくらい。

ムーンリバーを聴くと無条件に泣きます。

 

ショーシャンクの空に』1995年

主演:ティム・ロビンス  モーガン・フリーマン

すいませんねメジャーな映画はやっぱり面白いんですよ。

随所に張り巡らされた伏線が秀逸。素晴らしいのひと言。一時も目が離せません。

 

無実の罪で終身刑を言い渡された主人公アンディの脱獄までのお話。

……いや、刑事司法制度の抱える問題と人間が生きるための希望のお話。

 

アパートの鍵貸します』1960年

主演:ジャック・レモン  シャーリー・マクレーン

哀愁とユーモアを併せ持つ俳優。

そんな役者に私もなりたい。

ど頭にあげた『マグノリア』もそうですが、オープニングにナレーションから入る映画って好き。

 

自宅を4人の上司と愛人の密会用に時間貸しして人事評価を上げている主人公バド。

しかし…その不倫相手が自分自身の想いを寄せる女性だったら…

 本作品を撮ったビリーワイルダー監督の『サンセット大通り』もかなり好き。

 

 

こんな映画知らなかった~

というものを書こうと思ったのに皆知ってるヤツになってしまいました。

 

好きな映画を挙げたらきりがない。

ブルース・ブラザーズキングスマン、セブン、クレイマーVSクレイマー、ハートブルー……ほらね書ききれないからもうやめましょう。

 

 

俳優を目指す皆様。

 

邦画を見てください。

 

 

 

 

モテるってあなた、いったい誰にモテたいの

モテる女はやっている…

愛されボディ☆*。

 

 

みたいな見出しを見ると『けっ。しゃらくせーとんだ茶番だぜ』と思っちゃう干物女です。

 

男性版のモテテク記事をを発見しまして。

 

ふむ。私はモテる男が好きです 笑

(特技:自分の事を棚に上げる)

 

↓↓例のそのコラム↓↓

http://srdk.rakuten.jp/entry/2017/03/28/110000

面白いよ(^^)

恋愛コラムニストっておいおい色んな職業があるな。

理研究家…美容家…家電アドバイザー……

まぁそれは置いといて。

 

不特定多数にモテるのもめんどくさいじゃない。デート疲れるじゃない。モテるから何やねん。優越感か。人数が自分の価値を高めると思ってるのか。

 

と言いつつ。スマートに場をこなしてくれる大人かつ少年のような男性は素敵ですよね。相手に余計な気を遣わせないおおらかさんがいいですね。

 

女性もモテとは違うけど、強くて 優しくて いるだけで場が明るくなるような人を思いやれるおおらかさんは素敵です。

そういう人間になろうとする事はだいじね。

 

やっぱり女性は愛されて美しくなりますし。

 

愛されモテリップでも買ったろかい。

 

 

本日は高熱のためベッドから更新しております。

そっと玄関のドアノブに風邪によさそうなもの1式をかけて行ってくれた友達ありがとう。

その中に魚肉ソーセージが入っていて、あぁこの人は普段魚肉ソーセージを食べてるんだろうなと想像したらほっこりしました。

 

少し良くなったところで

 

『小さな命が呼ぶとき』

f:id:xiumeisui:20170330061505j:image

2010年

ハリソン・フォードが出演と製作総指揮を兼ね、アメリカであった実話を基に子どもの命を守るためならどんなこともやり遂げる親の覚悟を映し出す。

エリート・ビジネスマンのジョン(ブレンダン・フレイザー)と妻アイリーン(ケリー・ラッセル)は、幼い子どもたちが難病“ポンペ病”のために長く生きられないと告知される。ポンペ病の権威、ストーンヒル博士(ハリソン・フォード)に会いにいったジョンは、それまでのキャリアを捨て、治療薬を開発する製薬会社を起業することを決意する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

過度な命の演出をしない所がこちらの想像力を働かせてくれて私は好き。

悲しみとか運命を嘆く映画じゃなくて、強く明るく生きていくそんな感じ。

ポップな色味や音楽で明るい作風にしているところも前向きになれます。

そしてまたまた子役の演技力に畏怖の念を抱きました。完璧でしょ……

 

マグノリア』1999年

f:id:xiumeisui:20170330070205j:image

ロサンゼルスを舞台に、一見関係のない男女9人の24時間を描く群像劇。3時間を越える長編。第72回アカデミー賞3部門にノミネート。ベルリン映画祭 金熊賞(グランプリ)受賞。

 

すいません。力尽きました。

なげーんだもん。3時間もあるんだもん。

風邪治ったらリベンジします。とりあえずサントラがめっちゃおしゃれでトム・クルーズがめっちゃいい味だしてます。

 

それでは、一旦寝て 病院行きます。

心配の声どしどしお待ちしてます♡

 

皆様 体調管理にはくれぐれもお気を付けて。