しゅうの日記

東京カンカンブラザーズ公演『死神と9月のベランダ』中野ザポケット10月11日(水)初日!

第60回 日本舞踊協会公演

とっにかく!素晴らしかった。

 

あまりの素晴らしさに涙が自然と溢れてきたくらい。

泣きながら見ている露出度の高いちょっとおかしな人。

 

 

めっっっちゃくちゃ感動

 

 

能は好きでよく観に行っていたのですが、日舞は初めて。

 

芸妓さんが♪ちんとんしゃん♪というイメージだったのですが…

 

 

 

いやいや、とんでもないっ

 

 

私の日本舞踊に関する知識の乏しさ!なんてもったいない事をし・て・い・た・の・か!!

 

男踊りには瞬きを忘れる程。

力強さ 威厳 優雅に時にはコミカルに。

 

能、歌舞伎、唄、舞、お芝居。

伝統とモダンアート全ていっぺんに見れてしまったような。

f:id:xiumeisui:20170219210328j:image

国立劇場ロビー♡

 

 

11時からの昼の部を3等席で見たんですね。2000円。

 

あまりにも素晴らし過ぎて夜の部も見てきちゃいました。

 

1等席ど真ん中買ってやった。いい芝居は演者の息遣いが聞こえる位置で観ないとだめなんです。

私の為に踊ってもらった気分。わはは。

 

 

全5公演全て演目がちがったのですね…

 

これぞ芸術!これぞ役者ですよっ!

仲間内のしょーもない舞台とかやって役者ですなんて言わないでほんと。

鍛錬のたまものじゃないか…

 

あ、ちょっと興奮してしまった。

存分に堪能してきました。

 

日本舞踊習いたい。

どの門派に入門すればよいのかうじうじ迷っている私を誰か勧誘して。

 

国立劇場側の画廊で また私好みの絵が売られててさ…

いつか自分の応援する画家さんの絵をちゃんと買って応援できるようになりたい。というちょっとした夢があります。

 

デザインや芸術は日本では身近なものではない気がする。

せっかくステキな文化があるのにね。

遊び心が足りないのよ。

音楽もお芝居も絵でも何でももっと生で体感する事が当たり前の世の中になればいいのに。

町並みも、ファッションも、インテリアも文房具だってもっともっとステキなものが溢れれば心が豊かになるのに。

 

 

今日は美しいもので私のカラダが満たされた。

 

 

よし。チケット分バイトだ。

 

f:id:xiumeisui:20170219232021j:image

解説とかはできんし。

昨日の道成寺みたかったな。