しゅうの日記

東京カンカンブラザーズ公演『死神と9月のベランダ』中野ザポケット10月11日(水)初日!

モテるってあなた、いったい誰にモテたいの

モテる女はやっている…

愛されボディ☆*。

 

 

みたいな見出しを見ると『けっ。しゃらくせーとんだ茶番だぜ』と思っちゃう干物女です。

 

男性版のモテテク記事をを発見しまして。

 

ふむ。私はモテる男が好きです 笑

(特技:自分の事を棚に上げる)

 

↓↓例のそのコラム↓↓

http://srdk.rakuten.jp/entry/2017/03/28/110000

面白いよ(^^)

恋愛コラムニストっておいおい色んな職業があるな。

理研究家…美容家…家電アドバイザー……

まぁそれは置いといて。

 

不特定多数にモテるのもめんどくさいじゃない。デート疲れるじゃない。モテるから何やねん。優越感か。人数が自分の価値を高めると思ってるのか。

 

と言いつつ。スマートに場をこなしてくれる大人かつ少年のような男性は素敵ですよね。相手に余計な気を遣わせないおおらかさんがいいですね。

 

女性もモテとは違うけど、強くて 優しくて いるだけで場が明るくなるような人を思いやれるおおらかさんは素敵です。

そういう人間になろうとする事はだいじね。

 

やっぱり女性は愛されて美しくなりますし。

 

愛されモテリップでも買ったろかい。

 

 

本日は高熱のためベッドから更新しております。

そっと玄関のドアノブに風邪によさそうなもの1式をかけて行ってくれた友達ありがとう。

その中に魚肉ソーセージが入っていて、あぁこの人は普段魚肉ソーセージを食べてるんだろうなと想像したらほっこりしました。

 

少し良くなったところで

 

『小さな命が呼ぶとき』

f:id:xiumeisui:20170330061505j:image

2010年

ハリソン・フォードが出演と製作総指揮を兼ね、アメリカであった実話を基に子どもの命を守るためならどんなこともやり遂げる親の覚悟を映し出す。

エリート・ビジネスマンのジョン(ブレンダン・フレイザー)と妻アイリーン(ケリー・ラッセル)は、幼い子どもたちが難病“ポンペ病”のために長く生きられないと告知される。ポンペ病の権威、ストーンヒル博士(ハリソン・フォード)に会いにいったジョンは、それまでのキャリアを捨て、治療薬を開発する製薬会社を起業することを決意する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

過度な命の演出をしない所がこちらの想像力を働かせてくれて私は好き。

悲しみとか運命を嘆く映画じゃなくて、強く明るく生きていくそんな感じ。

ポップな色味や音楽で明るい作風にしているところも前向きになれます。

そしてまたまた子役の演技力に畏怖の念を抱きました。完璧でしょ……

 

マグノリア』1999年

f:id:xiumeisui:20170330070205j:image

ロサンゼルスを舞台に、一見関係のない男女9人の24時間を描く群像劇。3時間を越える長編。第72回アカデミー賞3部門にノミネート。ベルリン映画祭 金熊賞(グランプリ)受賞。

 

すいません。力尽きました。

なげーんだもん。3時間もあるんだもん。

風邪治ったらリベンジします。とりあえずサントラがめっちゃおしゃれでトム・クルーズがめっちゃいい味だしてます。

 

それでは、一旦寝て 病院行きます。

心配の声どしどしお待ちしてます♡

 

皆様 体調管理にはくれぐれもお気を付けて。